ジスロマックを使ったマイコプラズマ肺炎の治療方法

風邪だと勘違いされやすい病気にマイコプラズマ肺炎があります。マイコプラズマという菌が肺に感染して発症します。通常の肺炎では空気の通り道の気管支や肺胞が影響を受けるので、聴診器からはゼロゼロした痰が絡んだ音が聴こえます。一方マイコプラズマ肺炎では、気管支や肺胞の外部にある間質が炎症を起こすので、ゼロゼロした音は聴こえません。幼児から成人まで発症の可能性がある年齢層は広いですが、特に学童期と青年期に多いです。幼児ではしつこい咳や発熱といった風邪の症状で治まる場合が多かったですが、最近では肺炎の症状も見られます。マイコプラズマ菌の潜伏期間が2~3週間と長いため、周囲に感染した人がいると、気づかないうちに菌をもらっている可能性があります。マイコプラズマに感染していることを検査する方法は、少し困難です。普通は体内で菌が活性化すると白血球やCRPが高い値を示しますが、マイコプラズマにはそのような反応がなく、一般的な血液検査では正しい治療方法にまでたどり着けません。マイコプラズマが疑われた時は、マイコプラズマの抗体がどのくらい上昇するかを見るペア採血が行われます。しかし結果が出るまで時間がかかるなど、症状が悪化してから発見されます。しかしマイコプラズマは重症化するまでに風邪の治療方法で治ることが多いです。簡単にできるのはプライムチェックという方法ですが、精度がやや落ちるという欠点があります。マイコプラズマと診断された時の治療方法には、ジスロマックが使われます。ジスロマックはマクロライド系の抗生物質で、マイコプラズマ肺炎の治療では最もメジャーです。ジスロマックを服用すると菌が繁殖できなくなるので、熱が下がり1~2日で日常生活に戻ります。