コンジローマは完治するのか?

尖圭(せんけい)コンジローマは性感染症の一種です。
ヒト乳頭種ウイルスというウイルスによって感染します。
できる箇所としては、男女の性機能を司る器官に主に広く感染してイボをつくるのを特徴としますが、まれに口の中などにもできることがあります。
イボですが、自覚症状がほぼないことを特徴としており、痛みや痒みを伴うこともありません。
しかし、このイボは次々にできる傾向があり、増殖していきますので見た目などの点で気にする方も少なからず存在します。
治療をしたとしてもまた再発することが多いです。

しかし、感染したからといって必ずしも症状として現れるわけでもなく、無症状のまま自己免疫力の発揮により1年を経て自然治癒してしまう場合もあります。
症状として現れるまでに約1ヶ月から8ヶ月の期間を経て現れる傾向が多いです。
感染するまでにばらつきがあること、症状として出ない場合があることなどで感染源の特定を難しくしている場合もあります。

尖圭コンジローマかどうかを診断してもらうには、医師による診断が最も確実といえます。
コンジローマは完治するのかについてですが、治療により完治をさせること自体はできます。
しかし、上記の通り再発しやすい病気でもあることを留意します。
コンジローマが悪性化することは少ないとされていますが、気になるのでしたら治療したほうがよいといえます。

尖圭コンジローマの治療法には手術による治療法と薬剤による治療法が存在します。
ベセルナクリームというコンジローマの治療薬を塗ることで治す方法もあります。
ベセルナクリーム購入については、通販での購入が可能となっていて3,000円弱の値段で購入ができるサイトもあります。
再発率が低く、原因となるウイルスの根絶までは困難なものの比較的簡単にイボを消去することができるので人気です。