葬儀市場を取り巻く環境変化

別業界からの参入を加速している葬儀業界を具体的なデータを交えて考えていきます。

異業種参入の流れ

葬儀関連のトリビアとして、いろいろな情報は飛び交っています。
 葬儀自体、業界の活発化している媒体は、よく業界の実情について知らない方は、案外、層なのと言った反応が返ってきそうではあります。
 もともと、葬儀の持つ、ネガティブにイメージと、地味でちょっと裏方的な意味合いが強く、そういった印象を強く与えていると言った部分は誰もが同じ共通感覚として持っているということは言えると思います。

データでみる葬儀業界

実際、葬儀業界の、実績と言うものはデータで挙げてみますと、1998年の時点で年間死亡者数は94万人であったのに対して、2040年と言った今後の30年間程度の将来に向かって、年間死亡者数は、166万人と増加の傾向と言ったことがデータとして打ち出されていて、葬儀業界は、業種としては右肩上がりの業界で、今後の数十年でより多くの需要が見込まれていくと言ったことが言えるので、次々と新業者の別媒体が葬儀業種への参入を決め込んでいる流れと言ったものが業界に存在しています。
 
中でも、阪急、京急、やイオンなど活動を本格域に参入業種として盛り込んでいる媒体も既に活動しています。

阪急がお届けする安心の葬祭サービス「エテルノ」
イオンのお葬式

 中でも、一件当たりの、葬儀にかけるコストは減少の傾向にあって、平均126万円、最近でのデータでは、一件につき、16万のコストダウンがデータとして消費者の推移データとしてはじき出されていると言ったことも伺えます。

 しかしながら。業界市場の規模は、11兆円といったものでして、非常にそれらを含めて、今後の伸びが予想されると言った意味、多くの業種別の企業が参入していく予想は、ちょっとそういった業界に通じている人には。手に取るようら分かる事実だと思います。

 多くの業界は、需要次第で拡大していくということも、一般的な見方ですし、今後こういった葬儀業界のサービスとして、周辺のケアのサービスをひっくるめて大きな産業主軸して輝かしい業界業種として成立するものと思われます。

 事業の、カテゴリー別の分け方には、専門葬儀系の会社が、全体の40パーセントのシェアを占めています。次に、互助会系と言った業種が、全体のやはり40パーセントのシェアです、こちらは300社の所属と、年間35万件の実績があります、最後にJA系のものその他も含まれて、全体のシェアの10パーセント程度のシェア、その他も10パーセントを占めています。

 生協関連のネットワークも葬儀関連業の進出もにらんでいまして。先陣を切ったのは、コープ神戸です。

コープこうべの「クレリネット」

09年、イオングループも参入と言った流れが生じています。
 こういった新種の業者の参入を含めて、業界のサポート範囲、サービスシステムの拡充も見込まれています。本来葬儀業とは、死者を送り出すこと、死者、遺体の火葬と言った地味で、限られて言ってみるならばどうしてもネガティヴなインパクトと切っても切り離せない種類の業種と言った意味合いが付きまとっていました。

 新業種の参入によって、本来もともとの、例えを出すなら、イオンとか生協関連の媒体の参入で、イオンや生協の得意としていたサービス業、商品流通の要素がどうしても葬儀業に傾向として付け足されて、コープやイオンらしい経営スタイルで葬儀業の新種の経営スタイルと言ったものが成立することも当然予想されます。

今後の予想

 今現在、こう言った業種の参入で、遺言、相続のサポート、仏壇などの仏具の販売、墓石、霊園の提供販売などのサービスも当然ながら出てきていて、打ち出され、そうして、新事業の指針として打ち出されていると言ったものも、確かに存在します。

 葬儀の媒体の持つ暗いイメージは、現時点で、ある程度払拭はされています、葬儀の手配をする会社も明るいカラーを打ち出していますし、これからのち、ここで今まで挙げてきた媒体の参入で、葬儀業の持つ意味合いも大きく変わって行くことが予想されます。

 ビジネス=企業のメジャー性と言った図式は、当然ありうるし、葬儀を行うから暗くじめじめした企業イメージでいいと言ったら、違うと思います。

 そういう意味、葬儀の関連会社の。もっとメジャー性をもったビジネス、たとえば葬儀をビジネスとして捉えた場合、お客様も、支払う金額に少し妥当性が見出せると言ったこともあるのかもしれません。

 将来の葬儀業界のシェア、需要が見込まれるといった事実には、ポジティブな印象は抱けません、しかし、葬儀業者のビジネス的なメジャーで明るい社風と言った変化は当然予想できる流れですし、その辺りはいい意味で前向きと取れます。

老舗の存在

大手異業種からの参入を許している葬儀業界ですが、何十年と前から葬儀業界に携わっている葬儀会社はやはり強いです。
その培ったノウハウや、実績に裏付けされた信頼というものは参入して数年では得ることはできません。
そういった面で創業年数というものは葬儀会社を選択するうえで一つのポイントになります。

創業大正元年:葬儀・式典 のいり
創業87年:岐阜県で家族葬・密葬を行う葬儀社|市川葬典
創業80年:葬儀をお願いするなら埼玉県のセレモニーの池田へ

どうしても大手の場合、その看板に知名度があるため実績よりもそちらに安心を得る消費者が多いのも事実です。
そういった消費者をいかに引き付けるかが老舗葬儀社の課題になっていくと思います。

 

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし